歯科口腔外科 再生療法

再生療法 歯科口腔外科

再生療法とは

歯科医療の分野における「再生療法」とは歯周病の進行で失った歯周組織を回復させたりインプラントを埋め込むために必要な骨を再生させる、最新の医療技術です。現在再生療法には様々な方法があり、適応症は一人ひとり異なります。

当クリニックでは再生治療を行う前にそれぞれの治療方法のメリット・デメリットを分かり易い言葉で丁寧に説明し、最終的に患者様の了承を得たうえで治療をおこなってまいります。

歯周組織の再生

歯周組織の再生にはGTR法やエムドゲイン法といった再生療法があります。これらの 治療方法は、直接骨を作るのではなく失った部分の骨の再生を残っている骨を作る細胞を誘導することにより再生を促します。

初期から中期前半の歯周病の進行を食い止めることが期待できますが高度に進行し全体的に骨の吸収が進んでしまっている歯周病には適応外となります。

GTR組織誘導再生法

骨は粘膜に比べて再生するのに何倍もの時間がかかります。骨を作りたい部分に骨よりも先に粘膜が再生してしまうと目的の骨が出来ません。

そこでGTR法は、人工の膜を用いて骨再生のスペースを確保して骨が再生するまでの間、粘膜の侵入を防ぐことで骨の再生を誘導する歯周組織再生法の一つです。

ePTFE(GoreTex)やチタン薄膜の非吸収性膜、生体内で分解するコラーゲンやPLA/PLGAの吸収性膜が使用されます。

GTR法【非吸収性膜使用】

GTR法に先立って歯肉弁を開いて歯根面の感染を完全に除去しておく
GTR法に先立って歯肉弁を開いて歯根面の感染を完全に除去しておく

→

欠損部を膜で覆い上皮の侵入を防ぎつつ歯周組織の再生を待つ
欠損部を膜で覆い上皮の侵入を防ぎつつ歯周組織の再生を待つ

→

【非吸収性膜】 約4~6週間後に二次手術を行い膜を除去
【非吸収性膜】約4~6週間後に二次手術を行い膜を除去

→

線維性の付着を伴う歯周組織の再生が獲得できた
線維性の付着を伴う歯周組織の再生が獲得できた

GTR法【吸収性膜使用】

GTR法に先立って歯肉弁を開いて歯根面の感染を完全に除去しておく
GTR法に先立って歯肉弁を開いて歯根面の感染を完全に除去しておく

→

欠損部を膜で覆い上皮の侵入を防ぎつつ歯周組織の再生を待つ
欠損部を膜で覆い上皮の侵入を防ぎつつ歯周組織の再生を待つ

→

【吸収性膜】 膜は自然に吸収されるため二次手術必要なし
【吸収性膜】膜は自然に吸収されるため二次手術必要なし

→

線維性の付着を伴う歯周組織の再生が獲得できた
線維性の付着を伴う歯周組織の再生が獲得できた

エムドゲイン®ゲル

エムドゲイン®ゲル

エムドゲインゲルはスウェーデンのBIORA社で開発され、画期的な歯周組織再生の実現を可能にした製品です。

主成分のエナメルマトリックスデリバティブは、歯の発生期に重要な役割を果たすタンパク質の研究から生まれ、タンパク質を含んだゲルを施すことで歯根周囲組織のセメント質の再生を促し、引いては骨の再生をも期待させる方法です。骨の再生には数年単位でゆっくりと再生されます。

エムドゲイン®ゲルによる歯周組織の再生

図1 歯周ポケットの測定
図1 歯周ポケットの測定

→

図2 歯肉の切開
図2 歯肉の切開

→

図3 歯肉の剥離
図3 歯肉の剥離
図4 歯根表面の清掃
図4 歯根表面の清掃

→

図5 エムドゲイン・ゲルの塗布
図5 エムドゲイン・ゲルの塗布

→

図6 縫合
図6 縫合

骨の再生

インプラントを行うにあたり、骨の幅や高さがない時に、骨を再生させる方法で代表的な治療法にGBR法やサイナスリフト法があります。

この方法は治療期間が長くなりますが、もともと大きく骨の幅がない人などはこの方法により骨の再生を行ってからインプラントの埋入を行う必要があります。

GBR骨誘導再生法

GBRは歯周組織の再生法の一つであるGTR(Guided Tissue Regeneration)と同様に、人工の膜を用いて骨再生のスペースを作る方法で、中に移植骨、骨代替材、PRP等の誘導因子などを封入して、骨の強度や密度を向上させる方法です。

【骨移植および骨代替材】
昔から行われている自家骨移植は現在も臨床的に有効な方法であり、骨増量法のゴールデンスタンダードと言われています。しかし、骨を採取するためには手術部位以外への侵襲と、採取できる骨の量に限界があることが問題です。

そこで人工骨研究が進み種々の形状のハイドロキシアパタイトやβ-TCPが骨代替材として使用され効果をあげています。これらのリン酸カルシウム系材料は骨伝導能に優れていますが、骨伝導能がないので骨増量材として単独で使用することは困難です。そのため、多くは自家骨やPRPと混ぜ合わせて使用されます。

骨再生誘導法(GBR法)による骨の再生

<下顎の場合>

<下顎の場合>

<上顎の場合>

<上顎の場合>

サイナスリフト法

インプラント治療を行う際、特に上顎においては骨の高さが足りない場合が多く見られます。上顎においては上顎洞という空洞があり、インプラント治療を難しいものにしてしまいます。
このような場合、上顎洞の横の骨に穴を開け、骨移植を行うCaldwell-Luc法の応用で上顎骨の上に存在する空洞(上顎洞)に骨造成を行い、インプラント治療を可能にします。

この方法は骨の高さが5mm未満のものにも適応されますが手術の侵襲が大きく治療の期間が長くなるのが欠点です。既存の骨の高さが5mm以上存在すればソケットリフト法という骨造成を行うことでインプラント治療が可能になります。

診療科目 CLINIC MENU

医院概要 CLINIC INFO

医療法人社団 恵颯会

かたくら歯科クリニック晴海

診療科目
インプラント治療
歯科口腔外科(外科的治療)
審美歯科・一般歯科
PMTC(歯のクリーニング)
ホワイトニング
診療時間
月曜日-金曜日
午前 10:00~14:00
午後 15:00~19:00
※土曜の午後は17:00迄
休診日
水曜・日曜・祝日
所在地
〒104-0053
東京都中央区晴海2-1-40
晴海フロント2F
TEL:03-5534-9399
map