一般歯科 歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)治療 一般歯科

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病(歯槽膿漏)とは

歯周病はしならないうちに歯茎の骨がなくなる病気です。一般的に重症になるまで痛みが出ないことが多いため気付かないまま進行している場合が多く見受けられます。

歯周病の原因は歯垢(プラーク)や歯石等の「汚れ」ですが糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が、歯周病をひきおこしたり悪化させる原因にもなります。

歯周病の進行状態

  • ①健康状態①健康状態
  • ②歯肉炎②歯肉炎
  • ③軽度(P1)③軽度(P1)
  • ④中度(P2)④中度(P2)
  • ⑤重度(P3)⑤重度(P3)
①健康状態 歯肉は引き締まっていて淡いピンク色をしています。歯槽骨の吸収もなく
歯根膜の破壊もない状態です。歯周ポケットも認められません。
②歯肉炎 歯肉溝にプラークがたまり、歯肉に炎症が起こり歯周ポケットが形成されます。
まだ、歯槽骨の吸収は認められません。
③軽度(P1) 歯肉は炎症を起こし、少し赤みを帯びてきます。ブラッシングすると出血を伴い
ます。この頃から歯槽骨の吸収が始まり、歯周ポケットは4mmほどになります。
④中度(P2) 歯肉の炎症は進み、出血や排膿を伴います。歯槽骨の吸収も進行し、歯根膜も
破壊されてきます。歯周ポケットは5~7mmくらいになります。
⑤重度(P3) 出血や排膿を伴います。歯の動揺も著しくなります。歯槽骨は吸収され、
歯牙を支える部分はほとんどなくなります。

当クリニックの歯周病治療

検査①(歯周病の程度を調べます)

レントゲン
撮影歯をささえる骨の状態や歯茎の奥の歯石の状態をチェックします。
染め出し
歯の表面についているプラーク(細菌)を専用の薬剤を使ってチェックします。
ポケット検査
専用の器具を使って歯茎の溝(ポケット)の深さを測ります。
ブラッシング指導(TBI)
その人の口の中にあった適切なブラッシング指導を行い、
PCR(プラーク・コントロール・レコード)80%を目指します。
スケーリング
歯にこびりついた歯石を専門技術を習得した歯科衛生士が徹底的に除去します。

検査②(再び検査をして症状の判定を行ないます)

1回目の検査と比較して改善したところ、しなかったところを判断します。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

検査②でまだ改善していないところだけ歯肉の内側まできれいにします。
※症例によっては麻酔を行なう場合があります。

検査③

2回目の検査から改善したところ、しなかったところを判断します。

歯周外科治療

検査③で改善していないところを外科的に治療していきます。

メインテナンス

定期的な検診を行うことにより、歯周病の再発を防ぎます。

成人の方で、非常に罹患率の高い歯周病ですが、その状態は様々です。
歯を支える歯肉(歯周組織)の状態を健康に保つことは、長く自分の歯で食事をして頂くためには非常に大切です。また、生活習慣と密接に関係しておりますので、患者様にもご協力頂きながら治療を進めていきたいと考えています。

細やかな診察、検査を基に患者様、一人ひとりの状況、状態に応じた治療計画をご提案させて頂き、患者様とともに治療に取り組んでまいります。

診療科目 CLINIC MENU

医院概要 CLINIC INFO

医療法人社団 恵颯会

かたくら歯科クリニック晴海

診療科目
インプラント治療
歯科口腔外科(外科的治療)
審美歯科・一般歯科
PMTC(歯のクリーニング)
ホワイトニング
診療時間
月曜日-金曜日
午前 10:00~14:00
午後 15:00~19:00
※土曜の午後は17:00迄
休診日
水曜・日曜・祝日
所在地
〒104-0053
東京都中央区晴海2-1-40
晴海フロント2F
TEL:03-5534-9399
map