歯科口腔外科 外科的治療

再生療法 歯科口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯イメージ(親知らず抜歯写真)

現代人は食生活の影響により顎の発育が小さいため、一番後ろの親知らずが出てくるスペースがなく正常な位置に生えてくることが出来ない場合が多く見られます。

そのため前の歯を押して生えてくることで、歯並び及び咬み合わせに悪影響を与えたり、前の歯を虫歯にしたりします。また、親知らずの一部のみがお口の中に生えているときにはその周囲の歯肉に汚れが溜まり易く、炎症を起こしたりします。

親知らずが完全に顎骨の中に埋伏し、隣の歯への影響が少ない場合などは急いで抜く必要はありませんが、親知らずの周りの歯肉が腫れたり、噛むと親知らずの箇所が痛いといった場合は抜歯するほうがよいでしょう。

特に埋伏した親知らずを抜く場合には普通の歯を抜く場合と異なり外科的治療器具と歯科医師の技術、経験が必要となります。安心して治療をお受けいただくため手術専用室(完全個室)を完備しております。親知らずでお悩みの方はぜひご相談下さい。

健全な歯の脱臼・破折

健全は歯の脱臼・破折いMエージ(破折写真)

打撲・外傷で歯の脱臼(歯がぐらぐらする・動く)が起こる場合があります。これは歯と骨を結合している歯根膜の断裂を起こしているので、ワイヤーなどで歯を固定し、根管治療を行う必要があります。根管治療後に歯が安定するかどうかは脱臼の程度、患者様の治癒能力にもよります。

また乳歯の外傷等による脱臼の 場合は早期に整復し固定を行えば保存できる可能性がある場合もありますので事故、転倒・転落等で脱臼や破折が起こってしまった場合はお早めにご相談下さい。

歯根嚢胞(しこんのうほう)

歯根嚢胞イメージ(手術写真)

歯の根の先端部分にできた嚢胞(膿の袋)のことを歯根嚢胞(しこんのうほう)といいます。虫歯などで歯の内部まで細菌が入った場合や、根管治療(歯の根の治療)を行った後、根の先が膿んで歯根嚢胞ができることがあります。

歯根嚢胞は噛んだときの違和感程度で、一般的にはほとんど無症状の場合が多く、急に大きくなることはありませんが、そのままにしておくと直径2cm以上になってしまう場合があります。小さな嚢胞ならば普通の歯科医院でも治療可能ですが、大きな嚢胞の治療の場合には嚢胞の大きさや深さ、周囲の歯根や神経との位置関係により、専門的な術式やアプローチ方法が必要となります。

かかりつけの歯科医院で大きな嚢胞が見つかり、その医院での治療が困難な場合等で治療をご検討されている場合は当クリニック担当医までお気軽にご相談下さい。

高度な口腔外科疾患への対応について

当クリニックでは隣接した医療との連携プレーやチーム医療が必要となる、口腔粘膜疾患や口腔癌といった高度な口腔外科疾患に関しては各大学病院等と連携して治療にあたります。安心してご相談下さい。

診療科目 CLINIC MENU

医院概要 CLINIC INFO

医療法人社団 恵颯会

かたくら歯科クリニック晴海

診療科目
インプラント治療
歯科口腔外科(外科的治療)
審美歯科・一般歯科
PMTC(歯のクリーニング)
ホワイトニング
診療時間
月曜日-金曜日
午前 10:00~14:00
午後 15:00~19:00
※土曜の午後は17:00迄
休診日
水曜・日曜・祝日
所在地
〒104-0053
東京都中央区晴海2-1-40
晴海フロント2F
TEL:03-5534-9399
map