インプラント 最新インプラント術式

最新インプラント術式 インプラント

フラップレス

メスを使わないインプラント治療

無切開手術(フラップレス)術式によるインプラント治療とは、“メスを使わない”インプラント治療で手術時間や術後の腫れ、痛みを大幅に軽減できる治療法です。

あらかじめCTによる精密検査やコンピュータシミュレーションによって最適なインプラント埋入ポジションを確定し、確実にそのポジションにインプラントを埋入するための手術用ガイドを作製することでインプラント埋入手術を可能にする、患者様にとってメリットの大きい最新のインプラント治療法です。

従来のインプラント埋入手術のように歯肉を切らないため、出血や術後の腫れ、痛みなどを大幅に軽減することができ、縫合や抜糸といった処置も必要ないため、手術時間や治療回数も短縮できます。ただし、すべての症例に使用できる方法ではありませんので、事前の診断が重要となります。

  • メスを使わないインプラント治療
  • →
  • メスを使わないインプラント治療
  • →
  • メスを使わないインプラント治療
  • →
  • メスを使わないインプラント治療

切開による術式とフラップレス術式の違い

一般的なインプラント手術(2回法)

一般的なインプラント手術(2回法)

① インプラントを埋め込む部位の歯肉をメスで切開します。
② 歯肉を剥離して顎骨を完全に露出させてから専用ドリルで骨を削ります。
③ インプラントを埋め込んで歯肉でふさぎ、縫合します。
④ 約6ヵ月後に歯肉を切開して土台(アバットメント)を付け、最終的な歯を装着します。

フラップレス術式(メスを使用しない無切開手術)

フラップレス術式(メスを使用しない無切開手術)

① 歯肉パンチで歯肉に開けた穴から専用ドリルで骨を削ります。
② インプラントを埋め込みます。
③ インプラントに上部構造人工の歯(人工の歯)を取り付けます。

フラップレスによるインプラント治療のメリット

  • 手術時間や治療回数が短縮できます。
  • 切らない手術で出血量を大幅に減少させます。
  • 術後の腫れや痛みを大幅に軽減できます。

ALL-ON-4

本数の少ない最先端のインプラント治療

本数の少ない最先端のインプラント治療

ALL-ON-4は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素もありました。

ALL-ON-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最小4本(※)のインプラントですべての歯を支えることに成功。上記のような不安要素を解消することができました。手術や費用の負担を必要最低限に抑えた新しいインプラント治療法、それがALL-ON-4です。

※顎の骨の状態によってはインプラントの本数が多くなることもあります。

たった1日で取り外しのいらない歯へ

ALL-ON-4は傾斜埋入により噛む力をインプラントへ均等配分します

ALL-ON-4は埋め込むインプラントの本数が最小4本。骨の移植なども必要ありません。抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで1日で行うことが可能になりました。

つまり今まで使用していた歯や入れ歯が手術当日まで使え、その夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることができます。

ALL-ON-4は、短時間で固定式の仮歯が入る画期的な治療法。たった1日でお口元が劇的に変わり、さまざまな入れ歯の悩みから解放されます。

通常のインプラントとALL-ON-4との比較

通常のインプラント

通常のインプラント

上下顎に10本ずつインプラントを
埋め込んだレントゲン像


ALL-ON-4によるインプラント

ALL-ON-4によるインプラント

上下顎に4本ずつインプラントを
埋め込んだレントゲン像

総入れ歯ととALL-ON-4との比較

総入れ歯とALL-ON-4との比較

総入れ歯によるトラブル

・入れ歯と歯茎の間に食べ物がはさまって痛む
・噛む力を十分にかけられず、硬い物を食べることができない
・歯茎が覆われていて、食べ物がおいしく感じられない
・入れ歯が動いて発音しにくく、人と話すのが億劫になる
・食後に入れ歯をはずして洗ったりするのが嫌で、外出や旅行ができない
・口臭がひどいのではないかと不安で人に会えない
・あごがやせてしまい、年老いて見える

快適なALL-ON-4(オールオンフォー)

・食べ物がはさまって痛むことがない
・顎の骨にしっかりと固定されているため、硬い物も食べることができる
・天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
・固定されているため安心しておしゃべりができる
・固定式の歯になるため、取りはずす必要がなく、外出や旅行が楽しめる
・人と会うことに対して自信が持てるようになる
・あごの骨の変形も少なく、若々しい顔を維持できる

ALL-ON-4によるインプラント治療のメリット

  • 通常のインプラントと比較して費用を大幅に抑えることができます。
  • 手術の回数が減ることになり、患者様の負担が軽減します。
  • その日のうちに食事が可能です。
  • 治療による腫れや痛みを軽減できます。

グラフトレス

骨移植や骨造成を回避

グラフトレスによるインプラント治療とは、従来であれば骨量が不足しているために骨移植や骨造成が必要とされていた症例において、より短いインプラント (ショートインプラント)や傾斜埋入、オールオンフォーなどによって通常のインプラント治療と同様に治療を進めていくことが可能な、患者様にとってメリットの大きい最新のインプラント治療法です。

症例によっては、どうしても骨移植や骨造成が必要となる場合もありますが、骨移植・骨造成の場合は、口腔内外から骨を採取することや移植手術による身体的負担や経済的負担が伴います。 また、移植後、約6ヶ月の治癒期間を待ってからインプラント手術が可能になるため、治療期間も長期となってしまいます。

当クリニックではできるだけ安全・確実に、そして”For the Patient”の診療方針から、可能な限り患者様の負担の少ないこのグラフトレス術式によるインプラント治療を推奨しております。

グラフトレスによるインプラント治療のメリット

  • 骨移植・骨造成手術にかかる身体的負担や治療費を軽減できます。
  • 治療期間が一般的なインプラント治療と同様になります。
  • 骨移植・骨造成による感染リスクを回避できます。

ボーングラフト

インプラント治療における骨移植

ボーングラフト(骨移植)は、歯槽骨が吸収され薄くなっている場合でインプラントが埋入出来ない場合などに用いる歯科治療法です。「移植」というと躊躇してしまう面もありますが、インプラント治療における骨移植はそれほど大がかりなものではなく、移植する骨も本人の歯槽骨等から行う場合が多く、大げさにとらえる必要はありません。

当クリニックではボーンクラフトにおいても数多くの臨床を行なっておりますので安心して治療をお受けいただけます。

診療科目 CLINIC MENU

医院概要 CLINIC INFO

医療法人社団 恵颯会

かたくら歯科クリニック晴海

診療科目
インプラント治療
歯科口腔外科(外科的治療)
審美歯科・一般歯科
PMTC(歯のクリーニング)
ホワイトニング
診療時間
月曜日-金曜日
午前 10:00~14:00
午後 15:00~19:00
※土曜の午後は17:00迄
休診日
水曜・日曜・祝日
所在地
〒104-0053
東京都中央区晴海2-1-40
晴海フロント2F
TEL:03-5534-9399
map