歯科口腔外科 顎関節症の治療

再生療法 歯科口腔外科

顎関節症とは

顎関節症とは、あごの関節と顎関節の周辺に生ずる障害のことを言います。「ものを噛むと耳の付け根やこめかみが痛い」「口が開けられない」「口を開けると音がする」などが主な症状です。またそれに関連して「頭痛」「首・肩・腰のこり」「耳鳴り」「目の疲れ」といった症状が表れることもあります。

顎関節や咀嚼筋に長時間もしくは慢性的に負荷(力)がかかることが大きな原因です。その結果、咀嚼筋の筋肉障害、関節包や関節靭帯の炎症や損傷、関節円盤の位置異常、変形性関節症などを生じます。

治療としては主に保存療法になってきます。痛みをとったり筋肉のコリをほぐしたりする薬物療法、関節円板の位置を元に戻す運動療法、関節や筋肉への負担を軽減するスプリント療法などがあり、これらを併用して行なっていきます。

スプリント療法について

スプリント療法イメージ(マウスピース写真)

スプリントとは、いわゆる「マウスピース型の補助器具(=アプライアンス:MPA)」のことです。素材は半透明のアクリル樹脂を使用しており、このスプリントを患者様一人一人の歯型にあわせて別に成型し関節や筋肉にかかる力を軽減します。治療期間中は、顎位の移動の確認や、各症状の改善・緩和のチェックなどを定期的に行い咬合調整を行います。

アプライアンスは自由に取りはずしが可能ですがスプリントの目的は、筋の緊張を減らすことと睡眠時の歯ぎしりやくいしばりの軽減にありますので、当クリニックではスプリントの装着は原則夜寝るときだけに限定させていただいています。※症例によっては日中の使用や長時間使用場合もあります。

診療科目 CLINIC MENU

医院概要 CLINIC INFO

医療法人社団 恵颯会

かたくら歯科クリニック晴海

診療科目
インプラント治療
歯科口腔外科(外科的治療)
審美歯科・一般歯科
PMTC(歯のクリーニング)
ホワイトニング
診療時間
月曜日-金曜日
午前 10:00~14:00
午後 15:00~19:00
※土曜の午後は17:00迄
休診日
水曜・日曜・祝日
所在地
〒104-0053
東京都中央区晴海2-1-40
晴海フロント2F
TEL:03-5534-9399
map