インプラント インプラント治療とは

インプラント治療とは インプラント

歯を失ってお悩みの方に

歯を失ってお悩みの方に

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに人工の歯の根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。

人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。その為、今までは入れ歯や健全な歯を必要な本数削り、その上にブリッジを被せるなどしか補う方法はありませんでした。

しかし入れ歯やブリッジだと固い物がうまく噛めない、発音がおかしい、又、長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。

この様に歯を失ってお悩みの方に「インプラント治療」をご紹介致します。インプラントは他の歯に支えを求める必要がないため、残りの歯に優しく、入れ歯のような違和感を感じませんし、自分の歯のようにお食事をして頂くことも可能です。

ただ、他の治療に比べ、外科処置が必要となり治療期間も長くなってしまう場合もあります。顎の骨の状態によっては、付随する処置が必要なこともありますので、他の治療と同様にしっかりと検査、ご説明をさせて頂いた上で、患者様に合ったご提案をさせていただきます。

インプラント治療の流れ

当クリニックの標準的なインプラント治療の流れは以下のようになります。ただ患者様の症例は1人1人異なるため、下記の治療の流れが全ての患者様に適応可能なわけではありません。顎の骨の状態によっては、付随する処置や外科処置が必要となり治療期間も長くなってしまう場合もあります。その場合も他の治療と同様に患者様が納得するまでご説明させていただき、ご同意の上で治療を行なってまいります。

インプラント治療の流れ1
↓

来院予約

来院予約イメージ(クリニック受付・エントランス写真)

治療をご希望の方は、まずお電話かメールで来院のご予約をお願いします。ご来院の際には問診表の記入・カルテの作成等を行ないます。その際、治療内容や治療費などインプラントに関するお悩み・ご質問等ありましたらどんな小さなことでもお気軽にお尋ね下さい。

インプラント治療の流れ2
↓

術前検査

術前検査イメージ(デジタルレントゲン)

デジタルレントゲンや口腔内写真の撮影(必要に応じてCT検査)などから患者様の口腔内の状態を検査し、インプラント治療が可能かどうかを診断します。

インプラント治療の流れ3
↓

術前説明

術前説明イメージ(カウンセリングルーム写真)

インプラントが可能な場合は患者様からのご要望をお伺いしたうえで、治療方針を検討し患者様に合った治療内容のご説明をさせていただきます。また治療費用などの治療計画をご提案します。

インプラント治療の流れ4
↓

フィクスチャー埋入手術

フィクスチャー埋入手術イメージ(フィクスチャー写真)

治療計画に基づき歯の根に相当する部分インプラントの部品(=フィクスチャー)を顎の骨に埋入する手術を行います。局部麻酔を用いて行いますので安心して手術をお受けいただけます。手術終了後は術後の注意事項などを説明させていただき1次手術は終了となります。入院の必要はありません。

インプラント治療の流れ5
↓

翌日検査・1週間検査

患部の消毒のため、患者様には可能な限りご来院いただいています。1週間~10日後、術後の経過をみながら抜糸を行います。

インプラント治療の流れ7
↓

FLOW 2 OUTLINE 術前検査

骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。治癒期間は骨の質などにより個人差がありますが通常3ヶ月~6ヶ月でこの期間中は仮の義歯等を使用して頂く場合があります。

FLOW 2 OUTLINE 術前検査
↓

アバットメントの連結

アバットメントの連結イメージ(アバットメント写真)

骨と生着したことが確認されたら、人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。この時、簡単な手術を行う場合もあります。

インプラント治療の流れ8
↓

仮歯の装着・噛み合わせ確認

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型を取る事)を行い、患者様に合った仮歯を製作いたします。仮歯で噛み合わせを調整します。

インプラント治療の流れ9
↓

最終補綴物装着

最終補綴物装着イメージ(クラウン/被せ物写真)

アバットメントの上に色や形を患者様に合わせて作製したクラウンをアバットメントの上に装着して完成です。

インプラント治療の流れ10
 

FLOW 2 OUTLINE 術前検査

当クリニックでは装着後、最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら2~3ヶ月に1回、最終的には半年に1回インプラントやクラウン、噛み合わせを確認する定期健診を行っております。インプラントを長持ちさせる為には他の歯と同様に、口腔内を衛生的に保つための適切なホームケアの指導と定期的な検診、専門的な清掃(PMTC)が重要であると考えております。
※一般的なインプラント治療の流れですので、症状によっては一部順序が変わる場合があります。

インプラントと入れ歯・ブリッジとの違い

治療方法 インプラント (部分)入れ歯 ブリッジ
概要 専用のドリルで歯槽骨に穴をあけ、そこに人工歯根を埋め込み、その上にセラミックでできた人工の歯を装着させます。 歯を失った部分の型を取り、それに合う人工の歯とピンクの床を作り、それ自体をバネで自分の残歯に引っ掛けます。 失った歯の左右の歯を削り、そこに橋を架けるように義歯(人工の歯)を作ります。基本的には3本が1セットです。
イメージ画像
  • インプラント
  • ↓
  • インプラント
  • (部分)入れ歯
  • ↓
  • (部分)入れ歯
  • ブリッジ
  • ↓
  • ブリッジ
メリット

天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができ、噛む力も天然歯の約80%程度に回復しますので、固いものを噛むことが出来るようになります。

隣の歯を削る必要がなく、見た目が天然歯に近くなります。

ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効です。

ブリッジのように健全な歯を削りません。 削る替わりにバネで固定する場合もあります。

固定式であるため、装着しても違和感があまりありません。

人工の歯の素材を選択することにより天然の歯と遜色にない審美的な修復が可能です。

デメリット

インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要です。

全身の疾患がある場合には治療ができない場合があります。

インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。

バネによる隣の歯への負担が大きく、噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになります。すぐにガタつきやすく違和感を感じます。また取り外して手入れをする必要があります。

食物が挟まって口の中が不衛生になりやすくなります。

ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要があり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合があります。

ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物がつまり、口の中が不衛生になりやすくなります。

治療費用

インプラントは保険適用外であるので自由診療となります。

手術の難易度、埋入本数等により必要な費用が算定されます。

保険適用材料を使用する場合はその保険点数内です。

使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。

保険適用材料を使用する場合はその保険点数内です。

使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。

診療科目 CLINIC MENU

医院概要 CLINIC INFO

医療法人社団 恵颯会

かたくら歯科クリニック晴海

診療科目
インプラント治療
歯科口腔外科(外科的治療)
審美歯科・一般歯科
PMTC(歯のクリーニング)
ホワイトニング
診療時間
月曜日-金曜日
午前 10:00~14:00
午後 15:00~19:00
※土曜の午後は17:00迄
休診日
水曜・日曜・祝日
所在地
〒104-0053
東京都中央区晴海2-1-40
晴海フロント2F
TEL:03-5534-9399
map